2007年05月27日

中国株との出会い(私の場合)

中国株との出会い



寒い冬が終わり、やっと春の訪れを感じ始めた2004年春。
その日は、勤め先の学校の卒業式で、謝恩会の始まるまでの間、同僚とホテル近くの喫茶店で時間をつぶしていました。

そのころ、私とその同僚は、閉塞感に満ちた今の職場から、どうにか新しい道を探したいという話をよくしてました。

Y「あぁ、俺、中国株始めたよ。」
M「はぁ?中国株?」「株っすか?」
Y「おうよ。知ってるか?今、中国はものすげーことになってんだぞ。おまえ、遅れてるなぁ。」

そこから、彼は茶店の紙ナプキンに中国の地図を書き、今中国がどうなっているのか。今後、中国でどんなことが起きるのか。講義を始めたのです。

・中国の今は、日本の高度経済成長期と同じだ。
・2008年にオリンピックがある。(笑)
・2010年に上海万博がある。


僕が覚えているのはそのくらいだったのですが(笑)、とにかく彼は中国は今後どんどん成長するから、株価も何十倍にもなるぞ、と僕を洗脳したのです。

M「俺も中国株はじめるっす!」
Y「そうか、始める気になったか。ま、リスクもあるから別に薦めないけどね。」
M「いや、やります。」
Y「ま、がんばれや。」
M「で、どうすりゃ始められるんすか?」
Y「・・・自分で勉強せいや。」
M「・・・・・・・・。ケチー!

これが私と中国株との出会いです。

とにかく始めなきゃどうにもならん。
株のカの字も知らなかった私は、自宅に帰って、さっそくアマゾンに中国株の検索をかけたのです。


ページのトップへ ▲






<<つづき:とりあえず、本を買った。>>



posted by レッド at 11:07| 中国株投資を始めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

わたしが中国株を始めたきっかけ

中国株との出会い



寒い冬が終わり、やっと春の訪れを感じ始めた2004年春。
その日は、勤め先の学校の卒業式で、謝恩会の始まるまでの間、同僚とホテル近くの喫茶店で時間をつぶしていました。

そのころ、私とその同僚は、閉塞感に満ちた今の職場から、どうにか新しい道を探したいという話をよくしてました。

Y「あぁ、俺、中国株始めたよ。」
M「はぁ?中国株?」「株っすか?」
Y「おうよ。知ってるか?今、中国はものすげーことになってんだぞ。おまえ、遅れてるなぁ。」

そこから、彼は茶店の紙ナプキンに中国の地図を書き、今中国がどうなっているのか。今後、中国でどんなことが起きるのか。講義を始めたのです。

・中国の今は、日本の高度経済成長期と同じだ。
・2008年にオリンピックがある。(笑)
・2010年に上海万博がある。


僕が覚えているのはそのくらいだったのですが(笑)、とにかく彼は中国は今後どんどん成長するから、株価も何十倍にもなるぞ、と僕を洗脳したのです。

M「俺も中国株はじめるっす!」
Y「そうか、始める気になったか。ま、リスクもあるから別に薦めないけどね。」
M「いや、やります。」
Y「ま、がんばれや。」
M「で、どうすりゃ始められるんすか?」
Y「・・・自分で勉強せいや。」
M「・・・・・・・・。ケチー!

これが私と中国株との出会いです。

とにかく始めなきゃどうにもならん。
株のカの字も知らなかった私は、自宅に帰って、さっそくアマゾンに中国株の検索をかけたのです。


ページのトップへ ▲






<<つづき:とりあえず、本を買った。>>

posted by レッド at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資を始めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず、本を買った。

同僚から中国株の存在を知らされた私は、早速家に帰ってキーボードをたたきました。

そしたら、・・・

出るわ出るわ、何十冊という中国株関連の本が出てきました。

私は、いつもアマゾンで本を買います。なんと言っても、読者の評価を見ることができるところが助かります。

そして、私は当時アマゾンで評価が非常に高かった阿部享士(著)『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』を購入しました。
ichioku.jpg


1億円という夢の数字に引きずられてしまったんだと思います(笑)


ページのトップへ ▲






<<つづき:『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』を読んで。。。>>

posted by レッド at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資を始めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』を読んで。。。

中国株の衝撃



はっきり言って、目からウロコでした・・・。
中国株、この世の中にこんなことがあるなんて・・・。

私は父親が教師で、昔から家庭でお金の話を聞いたことがありません。
というよりも、お金の話をすること、お金儲けを企むことは悪だとさえ思っていました。
でも、その割にはお金にこだわるんですよね、そういう人って。

『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』には、中国株のまさにイロハがうまくまとめられています。
もちろん、初心者向けの本ですから、あまり難しいことはかかれていませんが、入門書としては、それなりのできだと思います。
ichioku.jpg


ページのトップへ ▲

中国株の取引を始めるためには



で、今になって思うのですが、中国株を勉強する際に何らかの本を購入するのは必須だと思います。

もちろん、インターネット上の情報だけで始めることもできるとは思いますが、やはりまとまった大きな流れなり見取り図を自分の中に作るためには、本を一冊読んでみるとよいと思います。

ただし、ここで注意しなければならないことがあります。

それは、「一冊目の本には気をつけろ!」ということです。

なぜなら、本の影響をモロに受けてしまうので。
冒頭の私なんか完全にそうなっちゃってます。もう自分が1億円儲かったかのような錯覚(笑)

危険です!(笑)


ページのトップへ ▲






<<つづき:『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』の袋とじ>>

posted by レッド at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資を始めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』の袋とじ

禁断の・・・



ところで、
『1億円に大化け!「中国株」絶対法則』には、本の中でも様々な推奨銘柄が紹介されているのですが、なんとこの本、巻末に「袋とじ」がついているんです。

中国株絶対法則01.jpg
↑やっぱり買ってすぐ開けちゃいました(爆)

最初に買った本の影響については書きましたが、僕はそのおかげで、1年近く苦しむことになりました。


ページのトップへ ▲






<<つづき:まず、ネット証券の中国株口座を開いた>>

posted by レッド at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資を始めるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。