2009年05月28日

『安踏体育』(02020):今年第4四半期の受注は25%増

中国スポーツ用品メーカー大手の『安踏体育』(02020)は、今年第4四半期における受注額は25%以上増加すると予想した。これは主に製品の販売量増加によるもので、平均販売価格に大きな変化は見られていない。

小売部門では、今年第1四半期の店舗売上が10%近くの伸びを見せた。1月、2月に比べて3月は鈍化したが、4月にはふたたび成長率が回復。なお小売店舗数は現在の6000店から年末には6200店まで拡大する見通し。

『国泰君安(香港)証券』では、同社が靴製品及びアパレル製品の原料コストを低い水準に抑えている点を好感している。同社では、(1)粗利益率を1%引き上げ、(2)今年の広告費及びマーケティング費用をコスト全体の14・5%以内に収める、との目標を掲げているが、これに対して同証券は十分達成が可能と観測。実現すれば、同社の09−11年の収益は5−6%改善すると分析している。

小売業界の長期展望も明るい兆しがさしてきたことで、レーティング「押し目」を推奨。目標株価は09年、10年予想PER(株価収益率)18・3倍、14・8倍に相当する8・8HKドルに置いている。
『国泰君安(香港)証券』では、同社が靴製品及びアパレル製品の原料コストを低い水準に抑えている点を好感している。(続きを読む)


posted by レッド at 09:32| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『統一企業』(00220):地元証券、今後のシェア拡大に期待

台湾資本の食品メーカー大手。中国本土で即席めん、果汁飲料、茶飲料などを手掛ける。2008年通期の業績は、売上高の前年比7%増に対し、純利益は同19%の減益。為替差損や即席めん事業の再編による出費が収益を圧迫したため。09年以降は一過性の減益要因がなくなり、収益性が大きく回復するとみられている。

同社では収益商品となっている茶飲料の市場拡大を進めており、08年は、これまで比較的手薄だった華北地域での拡販に注力。積極的にプロモーション活動を行ったことで、茶飲料の売上を3割伸ばしている。その反面、果汁飲料分野では厳しいシェア合戦に巻き込まれ、売上を7%落としている。
市場調査会社『ACニールセン』によれば、(続きを読む)
posted by レッド at 09:29| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

『エスプリ』(00330):安値に放置されたアパレル大手

「ESPRIT」ブランドのカジュアル衣料メーカー。売上の8割を欧州に依存しているため金融危機による景気後退の影響が危ぶまれたが、ヨーロッパでの売上減をアジア太平洋地域でカバー。

2008年7月−09年3月の9ヵ月では、前年同期比マイナス2%に踏みとどまるなど健闘している。ただし卸売部門に限ると、欧州、北米で2ケタの落ち込みをマーク、厳しい状況にある。
同社最大のマーケットとなっているドイツでは、(続きを読む)
ラベル:エスプリ
posted by レッド at 14:55| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

『広州富力』(02777):4月の物件販売が好調を維持

中国の大手不動産デベロッパーである『広州富力』(02777)がこのたび4月の営業データを発表した。販売面積は24・2万平米で、物件販売額は23億4000万元と前年同月比で80%の増加。前月比では18%減少したものの、販売額は3ヵ月連続で20億元を超えている。また、今年1−4月の累計販売額は83億元、販売面積は88・75万平米を計上。上半期の販売目標110億元の75%、通期目標220億元の37%に達している。

同社は現在、国内13都市で2540万平米の開発用地を保有。(続きを読む)
posted by レッド at 09:13| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ジョルダーノ』(00709):来年の復活が期待されるアパレルブランド

『ジョルダーノ』は香港発祥のカジュアルアパレルブランド。現在は中国本土をはじめ、日韓、東南アジア諸国など30を超える国・地域で1900店舗あまりの販売店を展開している。2008年通期の売上高、純利益はそれぞれ前年比6%増、5%増とまずまず。

ただ、今年に入ってから不況の影響が鮮明になっており、(続きを読む)
posted by レッド at 09:12| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

『深セン高速』(00548):第1四半期EPSは9%減も予想通り

深セン市で高速道路、有料道路の建設から運営を手掛ける『深セン高速』(00548)が09年3月末の第1四半期決算を発表した。売上高は前年同期比12・9%増の2億6200万元で、うち通行料収入が同12・5%増の2億4700万元。

(1)昨年末に開通したばかりの「清連高速」の粗利益率が低く、(2)「梅観高速」「機荷西段」などの既存道路の粗利益率も低下したため、粗利益は1億3700万元と同1・2%の減少、粗利益率も
前年同期の59・7%から52・3%に低下した。そのため、純利益は1億2100万元と同9%の減益。EPSは0・056元で、通期予想の23・1%とほぼ予想通りの内容となった。
高速道路別に見ると、「梅観高速」及び「機荷西段」の1日当たり交通量は前年同期からほぼ横ばいであったが、(続きを読む)
posted by レッド at 20:55| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『匯源果汁』(01886):地元証券が現株価での「売り」を推奨

中国の大手果汁飲料メーカー。市場調査会社『ACニールセン』によれば、08年の中国ジュース市場における同社のシェアは、果汁100%ジュース部門が42%、中濃度ジュース部門も44%と業界トップを維持している。

2008年通期決算では売上高こそ前年比6%増の28億元と増収をキープしたものの、純利益は同86%減の8900万元へと激減。生産設備の拡充、直営販売店網の整備に13億元を投じたほか、原材料高、償却費の増加などが事業収益を大きく圧迫した模様。

今年は『コカ・コーラ』による買収案が政府当局に拒否されたことで、(続きを読む)
posted by レッド at 20:52| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

『方興地産』(00817):沿海大都市を中心に業績を伸ばす中堅ディベロッパー

『方興地産』は、上海、北京、珠海を中心に物件開発を手掛ける『中国中化集団』傘下の中堅不動産ディベロッパー。物件開発、賃貸、ホテル経営の3事業を展開している。過去には「上海財富広場」や「北京凱晨世貿中心」など大型物件の開発を行った実績をもつ。

08年通期決算では売上高こそ前年比39%増39億HKドルと大きく伸びたものの、純利益は同64%減の9億100万HKドルに激減。前年には手持ち物件の評価益29億HKドルを計上していたのが、同期間はわずか1億HKドルに減ったことが響いた。なお、この評価差損益をのぞくと、前年より23%の増益となるという。

同社では昨年11月、「上海国際客運センター」6号棟の販売を開始。売れ行きがよく、(続きを読む)
posted by レッド at 17:22| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

『深セン控股』(00604):事業好調で目標株価を引き上げ

深センでの不動産開発を中心に手掛ける『深セン控股』(00604)は、今年の不動産市場の回復を見込んで、年初に物件売上と販売面積の目標をそれぞれ38億HKドル、40万平米に設定したが、このたび発表した最新の営業データによると、4月末時点すでに目標値の40%に達しているとのこと。これを受け、同社は09年、10年EPS(1株当たり利益)を0・325HKドル、0・381HKドルとし、09−11年の年平均売上伸び率は25−30%と堅調な伸びを予想している。

ただ、不動産用地取得などでのコストがかさみ、(続きを読む)
posted by レッド at 10:13| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『中国高速伝動』(00658):エネルギー政策が業績を後押し

『中国高速伝動』は国内の大手ギアメーカー。様々な工業用ギアを手掛けており、風力発電施設、船舶、航空機、鉄道車両、金属加工機械など、対象となる産業は多岐に渡る。

先月末発表した2008年通期決算では、売上高が前年比81%増の34億元、純利益も同2・3倍の6億9200万元と大幅な増収増益をマーク。期末配当は1株当たり0・25HKドルで権利付き最終売買日は6月10日となっている。

好業績の要因は、(続きを読む)
ラベル:中国高速伝動
posted by レッド at 10:11| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

『中国糧油』(00606):市場での低い評価に甘んじる国策食品メーカー

国務院直轄の国策食料品メーカー『中国食品』(00506)から分離上場を果たした農産物加工メーカー。食用油の搾油加工のほか、米の輸出、バイオエタノールの精製など幅広い事業を手掛ける。
2008年の業績動向を振り返ってみると、後半から搾油原料となる大豆、菜種の国際市場価格が大幅に下落しており、(続きを読む)
posted by レッド at 23:13| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『浙江高速』(00576):1Qは25%の減益も予想通り

浙江省内での高速・有料道路の運営を手掛けるほか、傘下に証券会社『浙商証券』を持つ『浙江高速』(00576)が09年3月末の第1四半期決算を発表。売上高は前年同期比23%減の13億元で、うち通行料部門とサービスエリア部門、証券部門の売上はそれぞれ20%、35%、18%縮小した。粗利益は6億300万元と同31%減となり、粗利益率も前年同期の52・1%から46・5%に低下。純利益は3億5900万元と同25%の減益を計上した。EPS(1株当たり利益)は0・083元と通期予想の21・5%を占めており、ほぼ予想通りとみられている。

続きを読む
posted by レッド at 23:12| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『遠洋地産』(03377):住宅ローンの規制緩和が追い風

北京市を拠点とする『コスコグループ』傘下の大手不動産ディベロッパー。中、高級住宅の開発や高級オフィスビル、テナントビル、ホテル経営などにも従事。環渤海経済圏が同社の主戦場との位置づけだが、珠海デルタや長江デルタなど沿海大都市圏に進出していく発展戦略を描く。現在は北京、天津、瀋陽、大連、中山などに21件の開発プロジェクトを抱えている。

年初から4月26日までの物件成約額は、前年同期比9倍にあたる43億元に跳ね上がっており、(続きを読む)
posted by レッド at 23:10| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

『シンミン紙業』(01812):予想を下回った通期業績を分析

国内屈指の生産量を誇る製紙業者の『シンミン紙業』(01812)が08年12月末の通期決算を発表。純利益は11億200万元と前年比で10・9%の伸びを見せた。H株上場により発行済み総株式数が拡大したため、EPS(1株当たり利益)は0・58元と5・8%の低下。財務コストの縮小と少数株主権益の減少が純利益の伸びに寄与したが、売上が前年から横ばいにとどまったため、粗利益率は19・2%と1・2ポイント低下している。

続きを読む
posted by レッド at 06:06| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『華潤ランド』(01109):第1四半期の滑り出し上々

『華潤ランド』は中国政府系コングロマリット『華潤創業』(00291)グループ傘下の不動産開発業者。もともと北京を中心に物件開発を手掛けていたが、現在では天津、上海、成都、深センなど全国各地に進出を果たし、業容を大きく拡大している。

中国の大手不動産検索サイトによれば、同社がこのほど販売を開始した総合住宅物件「北京西堤紅山・第2期」の売れ行きが非常によく、販売初日だけで80%(約600戸)が売約済みとなった。

現在、武漢・深センの大型物件をはじめ、(続きを読む)
posted by レッド at 06:02| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大唐発電』(00991):収益性改善で巻き返しに期待

『大唐発電』は中国北部を中心に事業展開する電力大手。2008年は業界全体として、発電用石炭価格の高騰の煽りで業績が低迷したが、同社もその例に違わず、80%近い大幅な減益をマークした。

ただし、今年は石炭価格の下落により収益性が大きく改善されるほか、(続きを読む)
posted by レッド at 06:01| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

『世茂房地産』(00813):1Qの物件販売が346%の急増

上海、北京、ハルビン、南京、福州など中国の主要都市を中心に不動産物件の開発、販売を行なう大手デベロッパー。その同社が09年第1四半期(1−3月期)の業績を発表した。(1)昨年第1四半期の販売量が少なかったこと、(2)今年に入ってからの長江デルタにおける不動産景気の回復、などにより、物件販売面積はおよそ45・8万平米と前年同期から285%の急増。販売額に至っては、45億5000万元と同346%の大幅な増加を見せた。販売額は09年売上目標の30%に達しており、市場予想を上回る内容となっている。

当面の好材料として、今年上半期に不動産投資信託(リート)の設立を計画しているところが挙げられる。(続きを読む)
posted by レッド at 06:30| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売り 『小肥羊』(00968):地元証券、上昇しすぎた株価に警報

『小肥羊』は中国全土をはじめ香港、マカオ、日本などにも店舗を広げる中国式羊肉しゃぶしゃぶ鍋のレストラン・チェーン。精肉部門や食品加工部門をあわせ持つことから、品質管理面、原材料コスト面で競争力が高い。

2008年通期決算では、売上高が前年比34%増の12億7200万元、純利益は同41%増の1億2800万元と大幅な増収増益をマーク。期間中、33店舗の直営店と41店舗のフランチャイズ店を新規出店したこと、1人当たり客単価が前年比5%高の53・9元に値上がりしたこと、が収益を押し上げた格好。

なお、昨年はとくに業績が目覚しいフランチャイズ10店舗を完全買収し、(続きを読む)
posted by レッド at 06:28| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

ニュートラル 『チャイナテレコム』(00728):地元証券が08年通期決算を分析

固定電話で国内最大のシェアを誇る通信キャリアの『チャイナテレコム』(00728)が08年12月末の通期決算を発表。売上高こそ前年比3%増の1868億100万元と前年並みをキープしたものの、逆に純利益は96%減の8億8400万元に落ち込んだ。

中国版PHS「小霊通」サービスの終了にともなって関連資産を廃棄し、多額の評価損が発生したほか、(続きを読む)
posted by レッド at 09:04| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い推奨 『特歩国際』(01368):順調に業績を伸ばす新鋭スポーツブランド

『特歩国際』は中国のスポーツウェア、シューズメーカー。全国31省市に合計5532店舗の販売網をもつ(2008年末)。自社ブランド「特歩」「柯林」を冠した商品の製造、販売を手掛けるほか、中国国内における『ディズニー』ブランドの使用権を取得、「ディズニースポーツ」シリーズとして商品化している。

ライバル『李寧』(02331)、『アンタスポー』(02020)に比べると事業規模は小さいものの、(続きを読む)
posted by レッド at 09:03| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大唐発電』(00991):予想を上回る通期業績を分析

『大唐発電』(00991)が08年12月末の通期決算を発表。前年比12・4%の増収(368億3600万元)を計上した一方、78・6%の減益(7億6100万元)に落ち込んだ。EPS(1株当たり利益)は0・06元と81%縮小したものの、少数株主権益が予想以上に少なかったため、市場予想の0・05元を上回った。

今回の売上伸び率12・4%に対し、経営コストは36・5%の増加。(続きを読む)
posted by レッド at 09:00| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『神華能源』(01088):09年の価格交渉の行方

石炭業界最大手の『神華能源』が2008年通期決算を発表。期間中の石炭販売量、平均価格がそれぞれ前年比11%増、21%高と伸び、売上高が前年比30・5%増の1071億3300万元、純利益も同29%増の266億4100万元と2ケタの増収増益をマーク。まるで不景気など存在しないように業績を快調に伸ばしている。期末配当は1株当たり0・46元を提案。

同社では、産出した石炭の大半が、長期契約に基づいて出荷されている。(続きを読む)
posted by レッド at 08:59| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『華潤置地』(01109):08年通期は2ケタ台の増収増益

『華潤置地』(01109)が08年12月末の通期決算を発表。売上は91億3400万HKドル、純利益は20億3800万HKドルで、それぞれ前年から61%増、42%増と2ケタの伸びをマークした。EPS(1株当たり利益)は0・469HKドル。期末配当は1株当たり0・083HKドルを提案している。中間配当を加えた通期配当は0・117HKドルとなり、前年から19・4%増加している。

昨年の住宅建設の粗利益率は33・7%で、07年の32・5%から1・2ポイントの上昇。今年は既存物件の販売価格が安定しており、割引する可能性が低いため、さらなる収益性の改善を見込んでいる。年初から3月22日における物件販売額は30億5800万HKドル、販売面積は39万平米と前年同期比でおよそ4・5倍増加し、同社では今年の住宅開発の売上86億4400万HKドルをすでに確保しているとのこと。

また、今月からは親会社『華潤集団』の主導で深セン大冲村旧市街の改修プロジェクトが着工する。(続きを読む)
posted by レッド at 08:57| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『深セン控股』(00604):第1四半期は好調な滑り出し

『深セン控股』は不動産開発業を主力とする、深セン政府のフロント企業のひとつ。2009年1−3月期の売上額は10億元、物件の販売面積は11万平米(東京ドーム2・5個分)と、前年同期の10倍にのぼる。

好調を支えているのは、同社の安値販売戦略。(続きを読む)
posted by レッド at 08:56| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『深セン高速』(00548):08年は予想を下回る19%の減益

深セン市で高速道路の建設から運営を行う『深セン高』(00548)が08年12月末の通期決算を発表した。売上高は前年比10・3%増の42億4200万元、純利益は5億300万元と同19・2%の減益を計上。EPS(1株当たり利益)は0・231元と市場予想を11・3%下回った。期末配当は1株当たり0・12元を提案しており、配当利回りは4・8%。
既存高速道路からの通行料収入が減少したものの、(続きを読む)
posted by レッド at 08:55| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売り推奨 『BYD』(01211):自動車がヒット、今後の収益の柱になるか

『BYD』(01211)は、携帯電話の構成部品やバッテリー電池の製造を手掛けるほか、近年では小型自動車事業にも参入。持ち前の充電池技術を活かし、将来的に需要拡大が見込まれるハイブリッドタイプの自動車の開発も行っている。

2008年通期決算では、売上高が前年比26%増と大幅な増収を達成したものの、純利益は逆に37%の減益。期間中の販管費が4割も増加したほか、研究開発費も6割以上の上乗せがなされ、収益を圧迫したかたち。
現段階の事業比率は電池類・携帯部品が7、自動車が3というところ。


ただ、自動車の売上は同社が発表したエコノミックカー「F3」の大ヒットで著しく伸びており、(続きを読む)
posted by レッド at 08:53| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『安徽高速』(00995):今年も路線拡張工事を継続

『安徽高速』の2008年の通行料収入は前年比3%減の16億1000万元にとどまった。これは、同社が管轄するなかでも主力とみられる「合寧高速道路」が、路線拡張工事のため期間中の収益が7%減少したため。その一方で、フランチャイズ展開しているサービスエリアなどでの収入は61%増の12億7390万元に伸びており、トータルの売上高は19%増の29億6300万元、純利益も同23%増の6億7070万元と業績を伸ばした。

世界経済が停滞しつつあるなか、同社は今年も路線拡張を継続する見通しで、(続きを読む)
posted by レッド at 08:51| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

『中国海外』(00688):08年通期決算で5年連続の増益を記録

中国2位の規模を誇る大手不動産デベロッパーの『中国海』(00688)が08年の通期決算を発表。売上高は前年比13・6%増の188億9000万HKドル、純利益は50億4900万HKドルと20・8%の増益で、04年から5年連続の増益をマークした。EPS(1株当たり利益)は0・648HKドル。期末配当は1株当たり0・07HKドルを提案している。開発物件の伸びと投資物件からの収益増が業績を押し上げたものの、今回の純利益は市場予想を10%下回っている。

昨年第4四半期には中国不動産業界の景気が急速に悪化したが、(続きを読む)
ラベル:中国海外
posted by レッド at 07:09| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『中海発展』(01138):内需拡大が運賃アップの起爆剤となるか?

『中海発展』は中国第2位の海運グループ。バルク貨物のほか、石油や石炭の海上輸送も手掛けている。その同社がこのほど発表した2008年通期の売上高は、前年比39%増の172億元、純利益も同18%増の53億7300万元と2ケタの増収増益をマーク。

一見好調に思えるが、08年下半期からの世界的な景況悪化の影響を受け、第4四半期(08年10−12月)にはコンテナ運賃が急落。同社の収益性も大幅に落ち込んでおり、期末配当も前年より4割ダウンの1株当たり0・3HKドルを提案しているほど。

今年に入ってからも海上輸送運賃は回復しておらず、(続きを読む)
ラベル:中海発展
posted by レッド at 07:05| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『中国雨潤食品』(01068):本業が予想を下回る業績

養豚から豚肉化工までを手掛ける大手食品メーカー『中国雨潤食品』(01068)が08年12月末の通期決算を発表。純利益は11億3800万HKドルと前年から32・4%の増益をマーク。EPS(1株当たり利益)は0・744HKドルと同27・3%の増加となり、事前予想を達成した。しかし、無形資産の価値の低下分や為替収益などを除いた本業の業績は予想を下回る内容とされている。なお、期末配当は1株当たり0・08HKドルと前年水準を維持。中間配当の0・11HKドルを加えた通期の配当は0・19HKドルで、配当性向は26%となる。

本業が不振となった要因は、(続きを読む)
ラベル:中国雨潤食品
posted by レッド at 07:03| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。