2008年10月14日

『振華港口』(900947):新規受注獲得も株価は底値圏

日本人投資家にも人気の高い、世界最大の港湾クレーンメーカー。9年連続で世界シェアトップをキープするほか、市場の約8割を押さえるガリバー企業。したがって、同社の経営状況がすなわち業界動向といっても過言ではない。

先の2008年中間決算では、売上高が前年同期比14・9%増、純利益は同3・9%増と増収増益をマーク。純利益の伸びが少ないが、これは今期4億元を越える資産評損を計上したため。粗利益ベースでは今期26・4%の増益と売上を上回る勢い。

続きを読む


posted by レッド at 21:17| 振華港口機械(上海B:900947) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

『振華港口』(900947):急反発の株価、地元証券は「売り」

98年から9年連続で世界ナンバーワンをキープする世界最大の港湾クレーンメーカー。

07年の通期業績は売上高、純利益とも前年比20%以上の成長を果たす好調ぶりをマーク。なお、期末配当は、10株当たり1・7元を予定している。

昨年末の段階で35億5000万米ドルにのぼる受注残を抱え、08、09年も安定した成長が期待されるほか、親会社の『中国交通建設』(01800)では、2010年7月を目途に、グループ内の港湾関連企業の再編を計画。このため同社へ港湾資産が注入されるとの観測もある。

地元『申銀万国証券』では、中長期的には同社の発展が続くとしながらも、株価については、このところの急激な反発から、一旦、調整するとみて、目先は「売り」をお奨めしている。
posted by レッド at 21:18| 振華港口機械(上海B:900947) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。