2009年05月14日

『方興地産』(00817):沿海大都市を中心に業績を伸ばす中堅ディベロッパー

『方興地産』は、上海、北京、珠海を中心に物件開発を手掛ける『中国中化集団』傘下の中堅不動産ディベロッパー。物件開発、賃貸、ホテル経営の3事業を展開している。過去には「上海財富広場」や「北京凱晨世貿中心」など大型物件の開発を行った実績をもつ。

08年通期決算では売上高こそ前年比39%増39億HKドルと大きく伸びたものの、純利益は同64%減の9億100万HKドルに激減。前年には手持ち物件の評価益29億HKドルを計上していたのが、同期間はわずか1億HKドルに減ったことが響いた。なお、この評価差損益をのぞくと、前年より23%の増益となるという。

同社では昨年11月、「上海国際客運センター」6号棟の販売を開始。売れ行きがよく、(続きを読む)


posted by レッド at 17:22| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

『深セン控股』(00604):事業好調で目標株価を引き上げ

深センでの不動産開発を中心に手掛ける『深セン控股』(00604)は、今年の不動産市場の回復を見込んで、年初に物件売上と販売面積の目標をそれぞれ38億HKドル、40万平米に設定したが、このたび発表した最新の営業データによると、4月末時点すでに目標値の40%に達しているとのこと。これを受け、同社は09年、10年EPS(1株当たり利益)を0・325HKドル、0・381HKドルとし、09−11年の年平均売上伸び率は25−30%と堅調な伸びを予想している。

ただ、不動産用地取得などでのコストがかさみ、(続きを読む)
posted by レッド at 10:13| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『中国高速伝動』(00658):エネルギー政策が業績を後押し

『中国高速伝動』は国内の大手ギアメーカー。様々な工業用ギアを手掛けており、風力発電施設、船舶、航空機、鉄道車両、金属加工機械など、対象となる産業は多岐に渡る。

先月末発表した2008年通期決算では、売上高が前年比81%増の34億元、純利益も同2・3倍の6億9200万元と大幅な増収増益をマーク。期末配当は1株当たり0・25HKドルで権利付き最終売買日は6月10日となっている。

好業績の要因は、(続きを読む)
ラベル:中国高速伝動
posted by レッド at 10:11| ウォッチ銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。